栄養豊富なりんご7976を丸かじりするための洗い方

りんごを洗わずに丸かじりすることは、農薬が心配になって敬遠されます。しかし、水洗いをしておけば大抵の場合には、残留農薬はほとんど無くなるので気にする必要は無いでしょう。流水でこするように綺麗に洗えば問題ありませんが、ヘタの部分と真下の凹んだお尻部分については、ブラシで軽く洗って見た目にも綺麗にすることも出来ます。 日本国内のりんごであれば、水洗いだけで問題無いと言える根拠として、りんごを磨くとワックスを掛けたようにピカピカになることはよく知られています。天然のりんごロウが表面をコーティングしているので、内部にまで農薬が染み込む心配は少ないわけです。 海外から輸入したりんごを丸かじりする際には、どうしても心配であれば野菜や果物用の洗剤を付けて洗っても良いでしょう。家庭用の合成台所用洗剤の使用用途を見ると、実は野菜と果物を洗う時に使用出来ることが書いてあります。普段の食器洗いで使っている洗剤で洗うことに抵抗があるならば、水洗いで十分というわけです。余程残留農薬が気になる人のみが、合成洗剤でりんごを洗ってから丸かじりするでしょう。野菜用の合成洗剤を付けて洗えば、嫌でもしっかりと洗い残しが無いように水洗いすることになります。

りんご7976の体への好影響、特別性について

奇跡のリンゴを作った木村秋則がよくいうように、アダムとイヴの時代、ニュートンの話にもりんごが登場するなど、リンゴは人類にとって栄養源・健康の秘訣としてとても重要であるらしいです。 それは「赤いリンゴが実ると医者が青くなる(栄養素の詰まった果物が実ってみんなが食べてしまうと医者にかかる人がいなくなり、医者の仕事が成り立たなくなる、という意味)」 特に川の裏側には特別な栄養素が含まれているといわれるので、皮はむいてはならず、皮をよく磨いて皮がついた状態でりんごを食べると、人の体に最高に良い食べ物であるようです。 なので、フルーツ食べるならりんごがおすすめです。